本文へ移動

部署紹介

営業部

どのような部署か

 主な業務として、
 役所などの官公庁・自治体に対しての
 設計協力はもとより、各工法技術協会に
 所属する民間業者や地元建設会社や
 土木施工業者に対して、我が社の
 技術や施工内容を提案・受注する部署です。

下水道展にてブース対応

求めている人材とは

 営業部は、会社の中心的な存在であり
 責任のある幅広い仕事です。
 これからの時代は、インフラ整備の時代でもあり
 自分たちの考えや動きが形となってきます。
 仕事の中で、明るく・行動力や協調性のある
 人材を求めています。

営業部長より

 私を含め現在3名のスタッフで構成されています。
 我々の会社は、この下水道維持管理の業界では
 老舗であり、委託作業から大型工事まで
 幅広く活躍しております。公共事業を中心とした
 職種であり、国内の下水道管渠の長寿命化対策に
 貢献していく、とてもやりがいのある仕事です。
 部内の雰囲気も、アットホーム的で、
 相談などしやすい環境です。
 是非一度、我が社へ足を運んでみてください。
 

工事部

どのような部署か

 ”工事部”という名の通り、工事も行う部署です。
 ライフラインには欠かせない下水道の状態を
 調査し、異常が有る場合は修復を行います。
 ただ修復するだけではなく、より強いものへ。
 様々な工法や特殊技術、特殊車輛や機材を用いて
 難題にも勇猛果敢に立ち向かいます。
 
 

求めている人材とは

 モノづくりに興味を持ち、自分で形あるものを
 創造していきたい方を求めています。
 仕事は、個人ではなくチームで動きます。
 チームワークを大切にし、既存の方法だけでなく
 新しい方法も考えるなど多岐にわたります。
 「失敗しても、それを糧に再チャレンジできる」
 そんな気持ちを持っている方を求めています。
 

工事部長より

 弊社は、一昨年から若手社員が増えてきました。
 これからもっと新しい力を取り入れ、
 今まで以上に探求心を持ち、
 新たなチャレンジをしていこうと思います。
 是非弊社のチームの一員となり、
 未来へつなげていくこの仕事で
 一緒に喜びを分かち合いましょう。

開発部

どのような部署か

 営業部と連携をし、クライアントへ提案型営業の
 技術サポートや、工事部と連携し民間企業の
 設計・施工管理など技術支援を行っています。
 他にも官庁から発注される調査委託業務の調査や
 報告書作成なども、開発部中心となり業務に
 あたっています。
 また技術職でもあるため、現場作業もあります。
 弊社が加入している長距離管路調査研究会を通じ
 施工展等で、最新の調査機器・各種技術の
 情報発信など様々な業務に携わっております。
 

求めている人材とは

 何にでも興味を持ち、その興味から業務に
 役立てられる創意工夫が出来る人。
 また何事にも夢中になれる、
 責任感がある人を求めています。
 杓子定規に物事を考えるのではなく状況に応じて
 柔軟な対応やコミュニケーションが取れる方

開発部長より

 「部員は皆若いがチャレンジ精神が旺盛で
  いい笑顔を見せている」それが開発部です。

 建設業に関する専門的スキルがなくとも
 何にでも興味を持ち向上心がある方を求めています
 「技術を身につけなくてはいけない」
 の思いが先行し、知識偏重になるのではなく
 柔軟な発想で物事をとらえられる
 基礎的な力を身につけてほしいと思います。

総務部

どのような部署か

 社会保険関係、資格取得、健康診断手続き
 パソコン等の発注ほか、給与計算
 予防接種予約、全体研修の準備など、
 仕事内容は多岐にわたります。
 会社全体を把握しながら、
 行動することが多いため、社員1人1人との
 意思疎通を図りながら仕事を行っております。

求めている人材とは

 社員だけではなく、取引先の方との対応から
 一緒に仕事をすることがあるため
 丁寧、確実に仕事をすることが重要です。
 報告・連絡・相談を心掛けて、
 コミュニケーションを図れる方を求めています。
 
 

総務部より

 会社全体の仕事を把握しながら業務になるため
 毎月行う決まった仕事もあれば、
 臨機応変に動かなくてはいけない時もあります。
 また他部署に比べると、見えない仕事が多いです。
 ですが無事終えた後は、達成感を得られます。
 覚えることは多いですが、
 一つ一つ一緒に習得していきましょう。
 株式会社ヤマソウ

 〒222-0026
  神奈川県横浜市港北区
  篠原町1338番地1
  TEL:045-431-7671
  FAX:045-431-7646

  1. 下水道管路施設維持管理業
  2. 土木建設業

 特定建設業 国土交通大臣許可
 (特- 2) 第16231号
TOPへ戻る